運用サポート

Webサイトのアクセシビリティは、たとえばリニューアル時や新規で公開した時点では優れたものであっても、その後の保守・運用の工程で、ほとんどの場合劣化していきます。 JIS X 8341-3:2010 では、公開後の保守・運用における要件も定義されています。

6.5.1 アクセシビリティの品質確保
ウェブページ一式の責任者は,ウェブコンテンツを保守・運用するときには,ウェブアクセシビリティの品質を確保し,維持・向上に努めなければならない。
6.5.2 フィードバックによる意見の収集
ウェブページ一式の責任者は,ウェブアクセシビリティの取組みに対する利用者の意見を収集する手段を用意し,利用者からの意見をウェブコンテンツのアクセシビリティの確保・向上にい(活)かさなければならない。
6.5.3 アクセシブルな問合せ手段の提供
ウェブページ一式の責任者が,ウェブコンテンツに関する利用者からの問合せを受け付けることを目的とした何らかの手段を用意する場合,用意する手段はアクセシブルなものであって,かつ,ウェブコンテンツ上の分かりやすい位置に提供しなければならない。

弊社では、これらの要件に対応するためのサポートをしています。

運用体制整備およびワークフロー構築サポート

保守・運用体制における問題点を抽出し、体制の整備やワークフローの見直しを通じてその解決をサポートします。

価格

個別に御見積致します。

フィードバック活用サポート

Webサイト上でユーザーが意見や要望を送信できるフォームなどの手段を提供することで、ウェブサイトの問題点、ユーザーのニーズなどがより明らかになります。そして、ユーザーからのコメントを分析して、適切な改善策を講じることが何よりも大切です。

弊社では、以下のようなニーズにお応えします。

  • ユーザーからの意見や要望を収集するフォームを設置したい
  • ユーザーからのコメントを客観的に分析してもらいたい
  • ユーザーの声を反映させた改善プランを立案したい

価格

個別に御見積致します。

その他

保守・運用体制における問題点を解決するには、弊社が提供する以下のサービスもあわせてご活用ください。

お問合せ

運用サポートは、個別の御見積となります。まずは、Eメールあるいはお電話などでお問合せください。

  • Eメールinfo@infoaxia.co.jp
  • お電話:03-5547-5777(受付:10時~18時、ただし、土日および祝日を除く)
  • FAX:03-5547-5778

Webアクセシビリティのポータルサイト

株式会社インフォアクシアは、Webアクセシビリティを正しく理解して実践するためのポータルサイトを運営しています。
ポータルサイト『Infoaxia(インフォアクシア)』

このページの本文はここまでこのページの先頭に戻る