企業・自治体のJIS X 8341-3 対応をサポート

インフォアクシアは、企業・公的機関ウェブサイトの JIS X 8341-3 対応をサポートします。

2004年6月に初めて制定され、2010年8月に改定されたウェブコンテンツのアクセシビリティに関する日本工業規格「JIS X 8341-3」。官公庁および自治体などの公的機関のウェブサイトはもちろん、企業のウェブサイトもこのJISに対応することが求められています。

インフォアクシアでは、「JIS X 8341-3:2004」、「JIS X 8341-3:2010」そしてW3Cの「WCAG 2.0」のワーキンググループに参画してきた経験と実績をもとに、これらのウェブサイトの運営者および制作者の皆様をサポートする様々なソリューションを提供しています。

WCAG(W3C)、米国508条への対応もサポート

「JIS X 8341-3:2010」だけではなく、 W3C の「WCAG 2.0」、米国の「リハビリテーション法508条」などへの対応もサポートします。

海外でもビジネスを展開している企業にとっては、ISO / IEC 国際規格(「ISO/IEC 40500:2012」)としても承認された「WCAG 2.0」や「リハビリテーション法508条」への対応が求められることがあります。インフォアクシアでは、海外のアクセシビリティ専門家らとのネットワークも活用して、海外サイトにおけるアクセシビリティ対応もサポートすることが可能です。

インフォアクシアのソリューション

図:インフォアクシアが提供するソリューション紹介

「JIS X 8341-3:2010」や「WCAG 2.0」に対応するには、制作だけでなく、その前後も含めた企画、設計、開発、制作、保守、および運用の全ての工程において、アクセシビリティに配慮することが不可欠です。インフォアクシアでは、その全てのフェーズにおけるソリューションを提供しています。

インフォアクシアソリューションの紹介

診断・検証

専門家による診断および高齢者・障害者ユーザーによる検証

コンサルティング

ポリシーおよびガイドライン策定のアドバイス

教育・研修

組織内研修・勉強会の企画および実施

ツール

各種ツールの開発および販売

開発サポート

開発工程における技術面でのサポート

運用サポート

運用システムの開発および提供によるサポート

Webアクセシビリティのポータルサイト

株式会社インフォアクシアは、Webアクセシビリティを正しく理解して実践するためのポータルサイトを運営しています。

ポータルサイト『Infoaxia』